1.勤務時間と休息、休日
  仕事 基本的に1日4時間の当直勤務を1日2回行います。
  【当直】 当直を交替します。ブリッジでの大切な仕事は「見張り」です。広い海でも油断は
          禁物。
         かわりやすい天候に備えるにもプロとしての船員の経験が必要とされます。
   
【操船】 船の操縦のこと。どんな船でも、今はGPS やレーダーなど最新の機器で、計画
         した航路を進めることが出来ます。

  【休息】 非番(休息時間)は、1回8時間を1日2回とります。非番(休息時間)は8時間。
         食事や入浴、そして趣味に勉強にと十分余裕を持ってやることができる時間。
         また当直のパターンによって就寝が夜中とは限らなくても、船員には皆個室が
         与えられているので、睡眠もしっかり摂ることができる。
       
 非番の時でも、入港時や出港時は全員で、決められた持ち場の仕事をします。
   【休日】 基本的に1週間に、1日の休日があります。
   
2.船長さんの仕事を例にとり船長さんの航海中の1日の業務を下表
  に紹介します。


3.入港中の仕事
  貨物船、タンカー共に、積み荷中、揚げ荷中は、全乗組員が交代制で、荷役の監視に当たります。
  また、ケミカルタンカーにおいては、揚げ荷終了後、全乗組員によってタンク掃除作業が発生する場合
  もあります。
  また、時化避難、休日等による全国各港への入港等、荷役作業を行わない場合もあります。
 
  
  船員さんは、お客さんから預かった大事な荷物を、無事故・無災害で安
  全に運ぶため海上で働いています。



  採用情報に戻る 

トップページに戻る
船員さんの仕事